2012年10月

2012年10月05日

マイクロチップでの災難

ゆいにマイクロチップを入れたのは、震災後の昨年3月末。
ゆいの性格等々、いろいろ考えて入れました。

ところが、しばらくすると左肩の辺りに移動してしまい、
それが徐々に肘辺りにまで下りてきていたのです。

気にはなっていましたが、本人が気にしないうちはあえて除去する事も無いかなと
ずっと経過観察をしていました。

そして今日、ブラッシングをしていると、マイクロチップ辺りからポロッとかさぶたが。
触ってみると先が出てる?って感じも。

その後もしきりに舐めたがるゆいなので、
除去する事も考えて、夕方に動物病院に行く事にしました。


診察前のかさぶた

IMG_0362

かさぶたの辺りがちょっとハゲてます。


診察室に入り、まずはリーダーで読み取れるか何度も試してくれましたが全く読み取れず。
左肩の辺りにあった頃にはちゃんと読めてたので、「???」です。

触診でも、「皮膚から突き破って出てきてしまっているので、除去しないとダメですね」って事で
除去処置をお願いしました。

待合室で待つ事数分・・・。
呼ばれて診察室に戻ると、とんでもない事態になってました。

なんと、マイクロチップが破損してしまっていたのです

IMG_0366

こんなに粉々に破損してるなんて・・・
これではリーダーが反応しなくて当たり前です。

皮下もキレイに洗浄してくれたそうですが、ホンマに大丈夫なのか?不安が残ります。


http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/chip.html

には「これまで、故障や外部からの衝撃による破損の報告はありません」って書いてあるけど。
ゆいはすごく稀な症例なのか?

これでは何の為にわざわざマイクロチップを入れ、登録したのか・・・。
ゆいに負担を掛けただけになってしまいました。ゆい、ゴメン。


実は訳あって今年の4月から掛かりつけ医を変えた我が家。
どうやって対応すればよいのか。
まずは今、前の病院に問い合わせ中です。


そんな訳で、しばらく袖あり洋服生活のゆいちゃんです。

IMG_0369


早く傷口がキレイに治ってくれます様に・・・。



nanahuit at 23:59|PermalinkComments(8)ゆいの事